しぐろぐ

日常や思った事やお出かけ&ライブなど、のんびりと書いてます。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても悲しかった一日

2007-02-06-Tue-06:00
今日は、井上陽水奥田民生の仙台公演の日なんですけど、
昨日、とても悲しいことがありました。

我が家の愛猫「ふわ」が天へ還りました。
fuwa-001.jpg

元気だったころの「ふわ」


今、こうして打ち込んでいるだけでも涙が出てきます。
もう、2,3日前から歩けても、ヨレヨレで見ていられなく、
家に来ていた叔母が「楽にさせてやれ」と言っていたのですが
私は、反対しました。
前のブログに書きましたが腎不全と言われていたので、
ネットで調べたりして何とかご飯を食べさせていたのですが、
先週の木曜日あたりから食べなくなり
ご飯を口元に持ってきても、そっぽを向くし
流動食を飲ませても、飲んではくれるのですが
時間がたつと吐き出す始末。
でも、水だけは自力で飲んでいました。
ところが、土曜日あたりから目が見えなくなったのでしょうか
水を飲もうと水入れを覗き込んでも、そこから顔を近づけて
飲もうともしません。
結局、シリンジ(針のない注射器みたいなもの)で
飲ませていました。


昨日の朝、ふわは、どこかへ隠れたかったのでしょう
寝床から1メートルほど離れた、ちゃぶ台の下で
へたりこんでいました。私は
「こんなところまで歩いちゃダメだよ」
そっと、抱きかかえて寝床へ戻そうとしましたが、じゅうたんに
爪を立て、離れようともしません。負担にならないように
ゆっくり離しました。

自分の準備を整え、母にご飯を頼み
「行ってくるよ」と頭をなでて会社へ
その時点で今日がその日だと感じました。
仕事中、ふわとの思い出がよみがえり、何度も泣けてきました。
仕事を終えて母に電話すると買い物で外出中。
でも、帰路に向かっているとのことで私もそのまま帰りました。
家に帰ると朝と同じように横たわっている姿を見て
安心しました。水を飲ませたら、ちゃんと飲んだそうです。
私の前で母がもう一度それを繰り返したら、飲んでくれました。

その後晩ごはんを食べて、ふわのところへ行くと、
そのまま眠るように息を引き取っていました。

私が帰ってくるまで、待ってたんだと思うと
涙が溢れて止まりませんでした。
母は、だんだん弱っていくふわを見ていられなくなり、
買い物を兼ねて外出したんだそうです。

二人とも泣きました。すぐに飼い主の姉(仕事で
県外に住んでいる)に連絡をしました。
姉も泣いてました。
その後、どうするか話し合った結果、骨を拾わずにそのまま
送り出すことにしました。
今は、いつもの場所で眠っています。

今日、送り出した後に姉と仙台のライブへ行きます。
本来はその移動のために休みを取っていたのですが

もう、ペットは飼いません。その条件でふわを飼うことを
母から許可されたのです。飼い主の姉より母に一番なついていたふわ。
母に撫でられるのが大好きで、2,3回触るとすぐに
横になって、「ぐるぐる」してました。
寒い夕方に外でわざわざ車庫まで迎えに出てくれたこともありました。
ふわと過ごした一日、一日が楽しかった。

もう、姉と何処かへ出かけて帰りの車の中で
「ふわ、どうしてるかな?」
「きっと、寝てるよ」
そういう会話もなくなります。

「ありがとう」
そういって今日送り出すつもりです。
スポンサーサイト

COMMENT



ご冥福を祈ります

2007-02-06-Tue-12:42
ふわちゃん、最後までよく頑張ったね。
さがのさんもホント辛いと思います。
暫くは胸が痛くて仕方ないと思うけど、ふわちゃんとの楽しかった事を
忘れないであげて下さいな。
ふわちゃんが、天国で幸せになりますように。
そしてさがのさんの心が早く癒されますように。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。